メディシンボールで体幹を鍛える

メディシンボールで体幹を鍛える


筋トレで使うボールと言えば、バランスボールを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はもう一つ、おすすめしてみたいボールがあります。 それは、メディシンボールです。 メディシンボールとは何か、知らないという人も多いかもしれません。ボクシングのトレーニングなどで、たまにお腹上にボールを置いたりして鍛えているのを見たことありませんか?あれです。 実はバランスボールに負けないぐらいメディシンボールは筋トレにたくさんのメリットがある優れたボールなんです。 一つあれば全身から部位別のトレーニング、更にはスポーツにも役立つトレーニングが出来るので、まだ使ったことがないという人は検討しても良さそうな筋トレ器具です。 今回はメディシンボールの使い方やおすすめについてお話していきます。知ると使わずにはいられない情報がたっぷりかもしれません!

メディシンボールとは?

メディシンボールとは筋トレグッズの一つで、その名の通り、バスケットボールのような形状をしている重いボールです。主に自重筋トレに負荷を加えたり、バリエーションを広げるために使用されます。 その他、メディシンボールの特性を生かしたトレーニング種目もあったりと、用途は様々です。基本的に、スポーツのトレーニングや格闘技のトレーニングで使用されることが多いですが、筋トレやフィットネスやエクササイズでも使用されます。 重さもダンベルと同じようにそれぞれあり、だいたい2kg~10kgほどです。革製の固めのものが多いですが、ソフトタイプのものもあります。 フィットネスショップや通販でも購入可能で、価格帯も様々なので、自分の用途に合ったものを選ぶと良いかと思います。

メディシンボールの使い方とは

メディシンボールは主に、両手に持って自重の筋トレ種目に負荷をプラスしたり、投げたり、振り回したり、足に乗せて腕立て伏せをしたり、お腹の上に乗せて腹筋をしたりバランスボールやバランスボードのように、手や脚を置いたりするなど、様々な使い方をします。 重さがあるという点でダンベルと同じに思えますが、メディシンボールの場合は投げる動作などで、筋肉の連動性を高めるトレーニングや、爆発的な力の出し方を鍛えるトレーニングが出来ます。これにより、ダンベルで鍛えるようなアウターマッスルと共に深層部の「インナーマッスル」も鍛えることが出来ます。 この他、よくテレビやボクサーの練習などで見かけるような、お腹の上にボールを落として腹筋を鍛えるという使い方もされます。(メディシンボールに少し似たゴムのボールがありますが、重さのないものはメディシンボールとは違うフィットネスボールになります)

コラム

ページトップへ